喘息は治らない病気ではない


喘息に長年苦しまされている人は少なくないと思います。喘息は咳の辛さ、呼吸困難の辛さなど経験した人にしか分からない過酷な症状があります。本当に独特な辛さがある喘息ですが、完治させるのが難しい事も事実です。

実際に長年苦しんでいる人がいるのがその確固たるその証拠です。完治させれないから長年、この苦痛を味わっているのです。しかし、喘息は不治の病ではありません。

完治させた、改善させた人も数多くいるのも事実です

だからあなたの喘息も完治する可能性は決して少なく無い事も断言できるのです。

今現在、この日本には400万人もの喘息で苦しんでいる人がいると言われています。しかし、喘息の治し方も分からなければ喘息との付き合い方も薬に頼るという選択肢しかもっていない人がほとんどなのです。残念ながら薬には気道を確保する役割しか持っておらず根本的に喘息体質を改善させることにはなっていません

喘息を治したいのなら薬によって一時的に気道を拡張させるのではなく、気道に炎症を起こさせない、気道が狭くならない体質を目指すべきなのです。そうすることにより本当の意味で喘息を改善させることにつながるのです。

根本的に完治を目指す為に


喘息の症状を

一時的に抑える薬はたくさんあります

確かにあの辛い症状をすぐにでも一時的とはいえ、改善することができるのはぜんそく患者にとって非常に魅力的で助かるものです。しかし、長年苦しんでいる人が多いという事は病院にかかれば完治するというものでないという事が言えます。

一時的な症状緩和ではなく、喘息を根本から治し、症状が出ないようにするためにはどうすれば良いのか?そんな夢のような経験をした人の意見は大いに参考になるはずです。このサイトはそんな喘息を完全に治した人の経験も踏まえどのように生活してるのかをお伝えするとともに、喘息にまつわる基礎的な情報から少し突っ込んだ内容も掲載し喘息持ちにとって役に立つサイトになっていると思います。

このサイトの管理人自身、喘息持ちで長年苦しんできた一人です。今も喘息の症状で苦しんでいる人に役立つサイトにしていきたいと思っております。喘息で苦しんでいる人は完治例の一つとして参考にして頂ければ幸いです。

完治を目指す具体的な方法


喘息発作を起こさせない具体的な方法を知る前に、喘息のメカニズムをしっかりと理解する必要があります。何の説明も無しに喘息という診断をされただけでは喘息そのものを理解することが出来ません。まず、自分の病気のメカニズムを知り、そうなる原因を理解し、その

原因を取り除く必要があります

それが喘息を治す為に必要な事なのです。

安易な薬に頼った治療や吸入器を持ち歩く生活をしていたのではいつまでたっても喘息はあなたについて回ります。普通なら自然に出来ることが薬や吸入器の力を頼らなくてはできていない状態なのが喘息患者です。

気道が狭まる要素、炎症を起こす要素を排除するとともに、気道が狭くならないようにトレーニングする必要もあります。実際にそれを忠実に実行し長年苦しんでいた喘息を治した人はたくさんいます。あなたが長年苦しんできた喘息が正しいトレーニングで完治する可能性は十分にあります。それをあなたが知らないだけなのかもしれません。

喘息の原因とその治療


喘息の治療が難しいとされるのは、それなりの理由があります。治療といっても、その原因が多様である場合には、その原因を特定し、その原因に沿った治療方法を選択する必要があるからです。ところが、喘息の場合、その

原因の特定が非常に難しい

というのが実際のところなのです。

喘息の原因としてもっとも多いのが、「アレルギー」です。アレルギーによる症状というのは、何も喘息に限ったことではありませんが、なぜアレルギーなどという現象が現われるのかというと、これはやはり、アレルギーの原因物質である「アレルゲン」があるからです。そして、突き詰めればこの「アレルゲン」の特定が非常に難しいということになります。

もしアレルギー性の気管支喘息を発症しているのだとすれば、やはりアレルゲンを特定して、これに対する対策を講じる必要があります。だからといって、アレルゲンが簡単に特定できるというものではないのです。そもそも、自分が苦しんでいる気管支喘息が果たしてアレルギーによるものであるかどうかは、その場ではわからないということになります。ですから、気管支炎などの喘息症状が出た場合は、まずは病院でいろいろ検査してもらうことが重要になります。

喘息症状がなかなか治らないという場合には、やはりアレルギーを疑ってみるべきでしょう。なかなかアレルゲンの特定が難しい場合には、「アレルギーテスト」が有効である場合が多いです。アレルギーテストというのは、アレルゲンの候補とされる物質を肌に塗布するなどして、アレルギー反応の有無を観察することになります。その結果、何種類かのアレルギー反応が認められるケースがありますので、これによってアレルゲンの候補を絞りこむことができるのです。ですから、それらのアレルゲンに対して効果のある治療を行うことで、喘息が改善される場合があります。

ただ、アレルギーテストをしてわかることというのは、あくまでも「アレルゲンの有無」ですので、それが喘息に影響を与えているかどうかはまた別問題になるということも事実です。また、近年では、アレルギーテストを行わなくても、血液検査からアレルギーの有無を判断できるようになってきています。

という具合に、喘息治療の方向性としては、まずは

「アレルギー性であるかどうか」の判断が非常に重要

になるということができます。アレルギーがある場合とない場合で、それぞれの治療法を見出す必要があることになります。


7万人以上のぜんそく患者を救った改善率80%の喘息改善法


更新履歴

 2月10日 吸入器は喘息患者の強い味方を更新しました
 1月11日 なぜ、病院で治せないのか?を更新しました
09月07日 喘息の原因を更新しました
08月05日 風邪から始まる喘息を追加しました
05月25日 吸入器に使用する吸入薬を追加しました