喘息の予防


喘息(気管支喘息)は、一般に「予防が難しい」とされる病気です。しかしこれはあくまでも「難しい」ということであって、まったくの「不可能」と言っているわけではありません

ただ、「難しい」のは事実です

まずはなぜ(気管支)喘息の予防が難しいかということについて説明しますと、それはこの「(気管支)喘息」という病気が、アレルギーに起因しているケースが圧倒的に多いからです。つまり、アレルギー原因物質である「アレルゲン」を完全に排除しないと、(気管支)喘息の発症リスクを軽減させることができないという難しさなのです。ですから、現状における(気管支)喘息の予防法としては、やはりダニやペットの体毛、さらにはカビ、さらには花粉などといった

アレルゲンとなりうる物質を徹底的に排除する

ことが最善の策ということになってしまいます。そして、これもまた非常に難しいことであると言えてしまうのです。

事前に予防する


そして、すでに(気管支)喘息を発症しているという人にとっても、次の発症を抑えるための予防(二次予防)は非常に重要になります。これも、上記の予報(一次予防)と同様に、アレルゲンの徹底排除が最も有効ですが、ステロイド剤の吸引など、薬剤に頼る予防法も現在では確立されていますので、仕事などでどうしてもアレルゲン排除が不可能な場合には、そうした方法にも一考の余地があるでしょう。

いずれにしても、発作が起こってしまうと、そのときにはもう何もできないのが喘息症状ですから、

できることなら事前に予防することが望まれます

即効性もあり効果も抜群な予防方法が無いからこそ、色々な方法を取り入れ体質改善することが求められます。

出来る予防から始める


これが予防につながるという単一なほど単純ではありませんが喘息になる原因を一つづつ減らしていく事が喘息の唯一の予防方法となります。残念ながら完全に排除することは難しいですが少しでも減らす努力は必要です。

まずは喘息の原因で多くを占めるアレルギーの原因を排除することが重要です。その為には

自分のアレルギーをしっかりと把握することが先決です

花粉やハウスダスト、ダニの糞や死骸などなど・・・。周りには様々なアレルギーになりそうなものがありますので自分のアレルギーについて良く調べてみましょう。その上で完全に無くすことは出来ないですが、少しでもアレルギーの原因を排除していかなければなりません

そしてアレルギーを排除するとともに、自分がそのアレルギーに対して慣れるようにしておく事も重要です。花粉症治療ではおなじみの少しづつアレルギーを注射していき過剰な反応を抑えるような方法もあります。アレルギーに対する免疫をつけていく努力もしなければなりません。

また、喘息の人は特に風邪に対してしっかりと予防をしておかなければなりません。季節の変わり目などは風邪も引きやすく、

喘息自体の発作も起こりやすい時期

でもありますのでより風邪を引かないように注意しておきましょう。

ストレスも喘息には関係があると言われています。実際にストレスを貯めたときに発作が起こるという人もいるので適度に発散していきストレスを貯めないような生活を心がける必要があります

そして過去に喘息が酷くなった時の事をしっかりと記録、記憶しておき、どんな時に、どんな事をした後に発作が起こったかなどを理解し、それを避けるように生活していく事が喘息予防の基本です。過去の経験を無駄にせずにそれを活かしていく事が予防なのです。

喘息発作の予防について


喘息の症状は、思われている以上に多岐にわたるというのが本当のところなのですが、当面回避しなければならないという意味においては、やはり

「発作」だけはできることなら襲ってきてもらいたくない

というのが、喘息患者さんの共通の叫びになるのではないでしょうか。

襲ってくるものは仕方がないということで、これまではどちらかといえば対処療法的な治療を行ってこられたという方のほうが多かったのではないかという気がするのですが、喘息発作に関しては、まあやってきてしまうとその苦しみがあまりにも大きくなってしまうということで、その予防方法に関してもずいぶん研究が進み、実際予防には一定の効果を見出すことができるようになってきています

喘息治療のガイドラインにも明記されているのですが、やはり発作を予防、回避するために重要な方法が、

「吸引薬の吸引」ということになります

ほとんどの場合、喘息発作の予防については「ステロイド」が用いられます。ステロイドの場合、その主成分が「カビ」ですから、使用上の注意だけはしっかりと遵守しなければならないという注意点がありますが、実際その効果としては絶大といえるレベルまで向上してきています。

また、吸引薬をはじめとする「薬」に頼らない方法も近年注目を集めるようになってきています。もちろん「サプリメント治療」という考え方もありますが、ここではサプリメントも「薬」に含まれるという考え方を採用し、これも除いてお話を進めますと、最近注目さえてきている発作予防の方法は、「運動療法」ということになります。

もちろん健常者が普段スポーツに取り組むような勢いで運動をするわけにはいかないと思われますが、もう少しゆっくりしたペースで、主に有酸素運動を取り入れながら、自分の身体を強くしていこうではないか、という目標になります。つまり、免疫力の強化が、運動療法の目的になります。

喘息患者さんというのは、やはり小さい時分から喘息に悩まされてきたというケースが非常に多いため、小さいころに必要な運動をこなすことができなかったという人が多くなります。無理ができない病気であるだけに、これはまさに「仕方がないこと」と解釈する以外にありません。

ですから、

本来つくべき免疫力が十分備わっていない患者さん

かなり多いということになります。それを、少しずつでも取り戻しましょうという方向性の予防になります。ですから、当然発作が出ていないタイミングでコツコツと積み重ねる形で運動療法は行われることになります。


7万人以上のぜんそく患者を救った改善率80%の喘息改善法