喘息の治療法


喘息(気管支喘息)の治療法として主なものは、(気管支)喘息専門の治療薬を利用するケースが圧倒的に多いようです。(気管支)喘息治療薬は、日進月歩の歩みを続け、現在ではかなり多くの患者さんにとって必需品として携行されるレベルまで進歩してきました。

ただ、(気管支)喘息の場合、それほど多くの種類の治療薬が存在しているわけではなく、現存している治療薬に関しても、昔からある治療薬が改良されたものであるケースが多いようです。

現在の喘息治療薬


現在の喘息治療薬は、長期的展望で喘息の悪化を食い止める、もしくはゆるやかな改善を目指すタイプ(長期管理薬・コントローラー)と、発作の予防、改善を目的としたタイプ(リリーバー)に大別されます。

前者については、「吸引ステロイド」剤もしくは「経口ステロイド剤」が用いられることが圧倒的に多く、ステロイドが炎症に作用して消炎するという、どちらかと言えば原始的な治療法がとられます。また、ステロイド剤(ステロイドはカビの一種)を利用するため、吸引や服用に際しては慎重を要するケースが多いです。

また、近年の吸引ステロイド剤には、発作防止、予防、回避などの効果を期待できる薬剤も主に医療機関を中心に流通しており、その意味では、コントローラータイプとリリーバータイプの両側面を備えた薬品へと進化を遂げています。その他にも、「抗アレルギー剤」や「免疫抑制剤」が喘息治療薬として用いられることが多いのが特徴です。

症状ごとの喘息の治療


よく、「喘息を治療するにはどうしたらよいか」といった疑問の声を聞きますが、実は、喘息というのは、口で「ぜんそく」と発する以上にその症状が多様であり、これを一様に「こうすれば治ります」という

特効薬的な治療法はどこにも存在しない

というのが実際のところです。もちろん、喘息の重度、症状によっては、治療がてきめんな効果を発揮するということはあります。しかし、それがすべての喘息患者の人に有効であるかというと、残念ながらそうではありません。もしそんな治療が実現可能であるならば、喘息はこれほど深刻な病気であるというとらえ方はされないでしょう。

まず需要になるのが、もちろん「発作」の対処です。発作の苦しさは、喘息の発作を一度でも経験している人であれば、今さら説明の余地もないと思いますし、また、喘息の発作が命の危険さえ招きかねないほど恐ろしいものであるということも、喘息を持っている人であれば当然ご存知のところでしょう。

発作の治療に関しては、ふた通り考えられます。予防的な治療と、発作が発症してから、これを鎮静化するための治療が考えられます。まあ喘息の治療方法としては、それほど多くの種類が存在しているというわけではありませんので、投薬治療吸引治療、そして、医療器具を用いた吸入治療という具合に、主に3つの種類に分かれることになるでしょう。ほかにも注射治療点滴治療という方法もありますが、これらに関しては、発作が深刻化したときに有効であると考えられています。

また、発作以外の喘息治療に関しても、特にシムビコートなどの吸引薬が、発作を予防するという意味合いで用いられることが多いです。いつ発作が起こってもいいように、

吸引薬を常備しておかなければならない患者さん

も少なくないのが喘息という病気の特徴になります。

もちろん、運動療法などによって喘息を完治させたという人も少なくないのですが、しかし、やはりいまだにどちらかと言えば「完治は難しい」と考えられるケースのほうが多いのが、喘息の特徴であるといえます。ですから、「完全に喘息を治すための治療」というよりは、

喘息とうまくつきあうための治療

という方向性は実に重要であるということは間違いありません。

ですから、喘息を治療したいという場合には、もちろんその着地点を明確にするという考え方は大切ですが、それ以上に、治療のプロセスを明確に意識することのほうが大切である場合が多いといえるのが、喘息という病気の特徴であるといえるでしょう。

喘息の治療方法について


喘息は症状、タイプ自体が多様であるため、その人の症状に合わせた治療方法を採用することが非常に重要であるといえます。喘息の症状で一番大きな問題となるのが「発作」であり、発作が起こってしまったのであれば、いかにして発作を鎮静化させるかというところに重点を置いた治療になるのは当然ですが、現時点で発作が出ていない喘息患者の場合、今度はいかにして次の発作を予防するかというところに重点を置くのが、喘息の治療方法としてはもっともポピュラーな方法になります。

喘息の発作が出ている状態の治療方法では、長期的に鎮静化させるための「内服薬の服用」と、激化した症状を当面鎮静化させるための「吸入治療」、「注射治療」が行われます。注射治療のかわりに「点滴治療」が行われることが多いです。内服薬では、アレルギー反応を小さくするために、

ステロイド剤が投与されることが多いです

吸入治療に関しては、ふつう病院に行って吸入器を利用して行うことになります。また、家庭用の吸入器も販売されていますが、近年では吸入よりもよりハンディな吸引薬のほうが高い需要になってきているため、家庭用吸入器に関してはあまり取引が行われなくなってきています。

喘息発作を予防する患者さんにとって重要なアイテムとなっているのが「吸引薬」です。定期的に吸引薬を吸引することによって、喘息の発作を回避することができる確率が高くなります。吸引薬に関しても、やはりステロイド系の吸引薬が多く用いられますが、非ステロイド系のものもあります。また、ステロイド系の吸引薬の場合、製品によっては、使用後に口内洗浄を欠かさず行わなければならなにものもありますので、事前に使用上の注意をしっかりと認識することが必要になります。

また、発作予防の治療という意味では、吸入や吸引、点滴などの薬品に頼るだけではなく、いわゆる「運動療法」を取り入れるような考え方も近年注目されるようになってきています。もちろん運動療法の場合、症状が起こっているときに行うわけにはいきませんので、発作が出ていない比較的落ち着いた状態のときに、吸引治療や投薬治療とパラレルで運動を取り入れることで、免疫力を高めることを目指す治療ということになります。いずれにしても、どの方法が自分に一番適しているかということを重視しなければならないので、そのあたりのことは、主治医先生としっかり相談してすすめる必要があります。

喘息の治療期間について


一般的には、喘息がとても治りにくい病気であるとされることが多いですから、喘息を発症してしまった人からすれば、やはりどうしても「喘息の治療期間」のことが気になってしまうというのは仕方がないところだと思います。

しかし実際のところ、とにかく喘息の傾向というのがその患者さんによって大きく異なるという特徴がありますので、喘息の治療期間に関しても、正直言って一概にいえないところがあります。もっと言えば、1週間で完治してしまう人もいれば、一生かかってもどうしても喘息が完治しなかったという患者さんも少なくないのです。

近年は、医学の目覚ましい発達によって、従来であれば「不治の病」であるとされた病気が医学の力によって治るようになってきたという病気も少なくありません。歴史が古い病気であれば、たとえば「がん」がそのひとつですし、また、比較的新しい病気であれば「エイズ」がその典型的な例ということになるでしょう。

もしかしたら、今アフリカで猛威をふるい、非常に大きな地球規模の問題となってきている「エボラ出血熱」さえも、ワクチンの開発は時間の問題であるとする有識者の意見もあるようです。

そうした医学的な進歩があることは否めませんが、しかし、実際に「なかなか治らない病気」というのも少なくないといわなければならないのは紛れもない事実です。完治は(現時点で)不可能であるという病気もあれば、完治する人もいるが、多くは完治しないという、まあいうなればいわゆる「難治性」の病気も数多いと考えられます。喘息などは、その典型例といえるでしょう。そういった病気に関しては、明確な傾向がないだけに、治療期間を明確にするというのはあまりにも難しい試みであるということも言えてしまうのです。

喘息に関しては、治療期間の平均値に関する情報も有意なものが導き出されていないようですし、また、仮に平均値を導きだしたとしても、その有意性はあまりにも乏しいものになってしまうのも明らかです。ですから、明確な治療期間に関しては明言することはできません。

ただ、せっかく治療するのであれば、とことんまでしっかりと治したいという意味も込めて、「喘息の治療は最低でも1年はかかる」というくらいの認識でちょうどよいのではないか、という気がします。

1年かからずに完治することができてしまえばそれはそれでよいことですし、もし3年、5年、10年とかかってしまっても、それは喘息という病気の特徴をもっともよく表しているともいえるのです。


7万人以上のぜんそく患者を救った改善率80%の喘息改善法