喘息に良い食べ物と注意が必要な食べ物


喘息の人は、発作を食べ物が引き金となり起こしてしまう場合があります。そうならないためにも、食べて良い物、悪い物の知識をしっかり身につけておく事が、発作を起こさない生活に繋がっていくでしょう。

まずは、喘息に良いと言われている食べ物です。ブロッコリーはスルフォラファンという成分が含まれていて、気道の炎症を抑える働きがあります。ブロッコリースプラウトというブロッコリーの新芽なども良いでしょう。ゆり根も、喘息には良い食べ物として有名です。糖質とたんぱく質がたっぷり含まれているゆり根は、スープにして飲むと良いでしょう。滋養強壮の効果もあり、積極的に摂るようにすると、喘息の改善に繋がります

大根とはちみつの組み合わせは、喘息患者で試している人は多いのではないでしょうか。すりおろした大根の汁とはちみつにお湯を注ぎ飲むだけで咳が止まるという人も多いほど、喘息患者には強い味方のポピュラーな飲み物です。大根には抗菌作用があり、はちみつは炎症を抑えて免疫力を上げる力があります。

シソも昔から咳を止めるために使われたり、喘息の改善に効果的だと親しまれています。ロズマリン酸のヒスタミンの遊離を抑制する効果や、ルテオリンの免疫の過剰を抑えて喘息の体質改善にもなり、喘息で体が優れない時の食欲増進にもなります。大豆の一種で「喘息の妙薬」とも言われているのが黒豆です。黒豆の煎じ汁は最も効くとされているので、是非飲んでみて下さい。

逆に、注意が必要が食べ物は、

まず冷たい物です

私はアイスクリームを食べると咳が止まらなくなります。これは私だけではなく、気道に刺激を与える事により、喘息の人は発作を起こしやすいのです。体調が優れない時は、様子を見ながらアイスクリームや冷たい飲み物などには注意しましょう。

食品を長く持たせるために使用される防腐剤、合成保存料が多く含まれているハムやソーセージ、チーズは喘息状態を悪化させる事があります。食品の色をキレイに見せるための発色剤も同様、アレルギーの原因になることもあり、血中酸素の運搬を低下させてしまう場合があるので、完全に避けるのは難しいですが気にしながら生活していきましょう。

食事の時に、水分を多く摂る事も大切な事です。水分を多く摂る事により、副交感神経の働きを促すと共に、痰の粘りがなくなり咳も苦しくなくなるでしょう。喘息に良い食べ物や注意しなければならない食べ物を挙げていきましたが、やはり栄養のバランスのとれた食生活を送ることが大切と言えるでしょう。

喘息の原因となる食べ物はあるのか


たまに耳にしますが、食べ物が原因で喘息になるといううわさがどうやら巷を賑わせているようです。果たして、食べると喘息を発症したり食べることによって喘息症状を悪化させてしまったりするような食べ物があるものなのでしょうか?

まあこのテーマに関して結論を明確にするのは、実は非常に難しいところがあるといわなければなりません。食べ物というのは、「食べることができるもの」、つまりは「食材」、「調理済みのメニュー」などということになりますが、まあそこをあえて結論づけるとすると、

食べ物が喘息の直接的な原因となることはない

ということになると考えられます。

ただし、喘息の最大の発症原因は「アレルギー」であることをみなさんもご存知のことと思いますが、食べ物を摂取することによって、アレルギー反応を起こしてしまうという人は少なからず存在しています。そして、そのアレルギー反応が、喘息症状として現れるというケースは当然考えられるわけです。とすると、直接的ではないにしろ、「間接的には、食べ物が喘息の発症原因となりうる」ということにもなるわけです。

そんなわけで、あの人が○○という食材を食べたら喘息になったから、○○を食べると喘息になるとか、あるいは○○は喘息を発症させるとか、そういったうわさがどうしても立ってしまうこともあるようです。しかし、厳密に言えば、それは正しくない判断であるということになります。何しろ、アレルギーの原因となるアレルゲンに関しては、人それぞれ異なることが多いので、「あの人」がアレルギーを発症したからといって、同じアレルゲンが「ほかの人」にも過敏反応を誘発する保証はどこにもないのです。

ですから、まああまり神経質になる必要はないとはいえ、いちおう「喘息発作を誘発する可能性がある食材」として報告されているものもありますので、ここでこれらを簡単に列挙しておくことにします。喘息の発作を誘発する可能性があるとされる食材には、「メロン」、「グレープフルーツ」、「キウイフルーツ」、「パパイヤ」、「マンゴー」、「リンゴ」、「バナナ」といった

フルーツ系は注意が必要である

と考えられることもあるようです。逆に、「野菜」は全般的に喘息にはよい効果があると考えられるケースが多いようです。たとえば、「シソ(葉の部分だけではなく、茎や実の部分も効果は高い)」、「大根」、「ユリ」などといったものがその代表的なものになります。

アレルゲンになる食物


特にアレルギー体質の人は控えるようにしなければならない食物がいくつもあります。代表的なものとして卵、牛乳、大豆、そば、米、魚、肉などほとんどの食品と言って良いほどあり特に小児ぜんそくの場合は多く見られます。アスピリン喘息の場合には添加物や保存料、着色料などが原因になることもありますのでしっかりと内容物を確認しておく必要があります。

アレルゲンになる食物は控えるようにしなければなりませんが、幸いな事に食事のアレルギーは原因が特定しやすく

容易にその原因を排除することが出来ます

そしてその原因を排除すれば発作は起こりませんのでしっかり把握しておくことが重要です。

その為には発作が起こった時の食事をしっかりと把握して病院でアレルゲンを特定する検査をすることで同じ原因で喘息の発作が起こる事を防ぐことが出来ます。それらの食品を排除しても栄養のバランスの取れる食事をしっかりと医師と相談して食生活を改善させていきましょう。

アレルゲン以外の食べ方も注意


ヒスタミンやアセチルコリンなどが含まれる食品は食べ過ぎないように気をつけなければなりません。少量なら問題ないという事も多々あるので気管支粘膜を刺激するような食品、気道収縮を引き起こす食品を食べすぎないように注意することが求められる事もあります。

例えばなすやホウレンソウ、たけのこなどがそれにあたります。アクの強いものや鮮度の落ちた魚、香辛料の強い食品を摂痢すぎない為にも多品目でバランスの取れた食事をすることで解消されます。また、炭酸飲料や冷たいものなども気道を刺激するので避けるように心掛けましょう。

また、食べ過ぎる事も発作を誘発させることがあることを理解しておくべきです。食べ過ぎることで

胃が膨張し横隔膜が押し上げられます

そうなると呼吸運動が妨げられることになり息切れが起こります。その息切れが喘息の発作を誘発させることもあるので食べ過ぎる事を注意しなければなりません。同様に便秘によるお腹の膨れも同じなのでしっかり改善させる必要があります。


7万人以上のぜんそく患者を救った改善率80%の喘息改善法