大人の喘息の治療について


喘息というと、どちらかと言えば「子供特有の病気」であるというイメージが強いですが、実際はそんなことはありません。これはとても残念なことなのですが、喘息患者数は、大人も子供もその昔よりも増加しているという現実があります。ただし、その増加率という意味で言えば、実は子供よりも大人のほうがずっと高くなっているという事実があるのです。

そこで、ここでは「大人の喘息の治療」についてお話していきたいと思うのですが、その前に、まずは知っておいていただきたいことがあります。というのも、大人の喘息の場合、子供の喘息とは異なり、「それまで喘息を発症した経験などないのに、大人になってある日突然喘息を発症した」というケースが非常に多くなっているからです。つまりそれだけ、突発性が強いということがいえるのです。

その理由は何かというと、子供の喘息は「アレルギー(つまり『体質』)」が原因になっていることが多いのに対し、大人の喘息というのは、アレルギー(体質)とは無関係に、

外的要素によって引き起こされることが多い

ということになるからです。原因が異なれば、治療方法も異なることが一般的です。ですから、子供の喘息と同じ方法で治療をするというイメージではないという認識が必要になります。

ただ、原因が違うとは言っても、喘息は喘息ですから、やはり基本的な治療に関しては似通っているといえます。主に異なるのが、薬の部分でしょう。特に吸引薬は、子供用のものと大人用のものではだいぶ異なるケースが多いです。内用薬も違いますが、これに関しては、むしろ年齢的な差異のほうが重視されることになります。

重要なのは、そうした薬の違いというよりは、やはり「治療の環境」ということになると思われます。というのは、子供の喘息の場合、学校をある程度長期にわたって休むことが許されますが、しかし大人の喘息の場合、

子供と同じようなつもりで会社を休むわけにはいかない

ということです。

長期的な休みは無理であるにしても、1日、2日といった短期的な休みさえままならないサラリーマンは少なくありません。どうしても無理をしなければならないという境遇に置かれてしまうサラリーマンは非常に多いです。しかし、そういう「無理」こそ、喘息には大敵であるといえるのです。大人であれ子供であれ、治療さえすれば喘息の改善をはかることは十分可能ですが、やはり治療をしないとなると、これはさすがに改善が難しいことになります。これが大人と子供の喘息治療の大きな違いといえます。

大人の喘息の原因


子供でも大人でも共通する部分ではありますが、やはり「ストレス」というのが喘息には大敵です。このファクターに関していえば、やはり子供以上に大人のほうが喘息の原因になりやすいといえます。もちろん、アレルギーを発症しやすくなるというファクターに関しても、ストレスは少なからず影響しています。会社勤めのサラリーマンやOLさんなどであれば、やはり例外なくストレスを溜めこんでいるというのが

現代人が生きる「ストレス社会」

ですから、ある意味大人になってから喘息を発症するということは、そうなるべくしてなってしまっているといえるのです。

それと、風邪を放置した結果、気道の炎症や狭窄(きょうさく)といった喘息の典型的症状が慢性化してしまって、その結果「喘息持ち」になってしまったというケースも珍しくありません。加えて、喫煙者の喘息罹患率も非常に高くなってきますので、喘息に罹らなないためには禁煙をすること、そして、喘息を治癒するためにも禁煙は絶対条件であるということがいえます。

また、アレルギー性の慢性気管支喘息に関していえば、ストレスとは無関係に発症する可能性も高まりますので、この点は誤解しないでいただきたいと思います。つまり、たとえばダニの駆除を行っていないというご家庭では喘息の発症率が高くなりますし、また、ストレスを発散する効果が高いペットの存在も、アレルギー性気管支喘息の発症に関しては、ペットがこれを助長してしまうというケースも多数報告されていますので、喘息をめぐる事情はそれほど単純なものではありません。ですから大人の喘息の原因に関しては、そういった多角的なとらえ方がどうしても必要になってくるのです。

大人の喘息の症状について


若い人も、また、ある程度年齢を重ねた立派な「大人」にとっても喘息は非常に恐ろしい病気であるといえます。ですから、大人にとってはそれほど恐ろしい病気ではないというイメージをもしも持っているとするならば、

それは大きな間違い

であるということをまずは触れておきたいと思います。

では、なぜ喘息が比較的小さなお子さんに特有の病気であるというイメージを持たれやすいかというと、その理由は別段難しい理由ではなく、シンプルに、小さなお子さんのほうがずっと喘息の発作が起こりやすいからです。もちろん個人差はありますが、しかし一般的には大人のほうが喘息の発作が多くはないということが言えます。これはやはり、大人のほうが小さなお子さんにくらべればはるかに身体の抵抗力、免疫力が高いからということが基本的には大きな理由ということになるでしょう。

で、大人の喘息についてですが、今も触れたように、小さなお子さんのそれとくらべると、

発作が多くない

ということが挙げられます。つまりこれは、「小さなお子さんほど苦しまない」ということになります。しかし、だからといって喘息の症状が小さなお子さんよりも重症ではないという考え方が正しいかというと、これはまったく正しくないということになってしまいます。

つまり、小さなお子さんも大人もどちらも同じ「喘息」であり、喘息の症状としてはどちらも大差ないのですが、「発作」という激しい喘息症状の形で現れるのが、大人にくらべると小さなお子さんのほうが頻度が高いということになるのです。これは今も言ったように、免疫力や抵抗力といったファクターがかかわってきています

しかしこれは逆に、大人のほうが

喘息の症状に対する警戒が小さくなりやすい

ということも同時に意味していることになるわけです。症状が重ければ重いほど、その病気に対する防衛の意識は高まりますが、しかし苦しさをはじめとする症状の実感がなければ、それだけその病気を放置しやすい状況になっているわけですから、実はこのことは非常に恐ろしいことであるということが言えてしまうのです。

ですから、たとえば「ゼーゼー」という喘鳴(ぜんめい)が聞かれるようになったとか、少し前と同じ運動ができなくなってしまったとか、そういった日々の状態から、喘息の可能性を感じ取るくらいでちょうどよいといえるかもしれません。

大人の喘息にどう対処するか


病気全般にいえることですが、喘息に関しても、やはり子供よりは大人のほうがずっとその対処が難しいということがいえます。仕事を持っていたり、家事をしなければならなかったり、あるいは小さいお子さんがいたり、介護のお年寄りがいたりという人にとっては、自分が休むことによってほかの人が困ってしまうというケースが多いですから、勤勉で優しい人柄の人が多い日本人にとって、自分の体調がちょっとすぐれないからといって、そう簡単に休むという発想はなかなか頭に浮かばないというのが実際のところでしょう。

しかし、やはり喘息への対処ということを考えると、その勤勉さ、優しさこそが最大の落とし穴になり、そしてデメリットにもなっているといえます。喘息の対処として最大限重視しなければならないのが、「安静」です。お医者さんによっては、「会社を休めないなら喘息は治らないよ」などとはっきり言ってしまうくらいの人もいます。

そんなことを言われても・・・

とおもうかもしれませんが、それが喘息という病気の特徴を示しているということもまた事実なのです。

仕事や家事を休むことが無理だったとしても、病院に行って吸入治療を行ったり、注射治療、もしくは点滴治療を行ったりという考え方は非常に重要です。ですから、その日に安静が保てないという人にとっての理想的な対処として、やはり病院でそういった治療を行うということは重要であるといえます。

本来であれば、しっかりと検査をしてその原因と病型を特定し、それに即した治療方法を採用するというのが一番理想ですが、吸入治療をして点滴治療をしたら、もうそれだけでかなり時間が経過してしまうことになりますので、そこでさらに検査をするとなると、結局その日は休まなければならないことになってしまうかもしれません。ですから、どうしても忙しいという人にとっては、やはり「応急処置」こそ必要な対処ということになるでしょう。

検査をすることのメリットは、吸引薬を処方してもらえるということですが、しかし症状を見て、検査なしに吸引薬を処方してくれるお医者さんもいますので、場合によってはそういった相談をしてみてもよいかもしれません。吸引薬があれば、発作を鎮静化してくれるのに大きく役立つ場合が多いですから、応急処置用に1本常備していてもいいかもしれません。このような対処方法が、大人の喘息への対処としては有効になるのではないかと考えられます。

大人の喘息の対処法について


大人でも喘息にかかってしまうのかと、驚いた人もいるのかもしれませんが、近年では、子供よりも大人の喘息罹患率のほうが高まっているというのが実際のデータがあり、その意味では、従来考えられていた「喘息は子供がかかる病気」という先入観はもう取っ払わなければならないといえます。

どんな病気でもそうですが、やはり、その治療や対処法を模索するためには、病気にかかってしまった原因をしっかりと把握しておく必要があることは間違いありません。ですから、喘息に関しても、まずはその原因の特定を急ぐ必要があります。その原因や病型を探ることによって、それに沿った治療方法や対処方法を選択するのが一番望ましいと言えます。ただし、子供の喘息の場合にくらべて、大人の喘息はよりその罹患原因が多様であるというのが、大人の喘息の対処法の採用の難しいところです。

子供の喘息の場合、やはり「アレルギー」が最大の原因となりますので、それ以外の原因も特定しやすいという特徴もあり、それだけに対処法も決定しやすいのですが、大人の喘息の発症原因は「ストレス」であると考えられていますので、これは非常に難しいところになります。何しろ、ストレスなんて

現代人であれば誰だって抱えている

に決まっているわけですから、そうなると治療法や対処法を模索するのはかなり難しいことになります。

ですから、とりあえず「これだけはやめていただきたい」という対処法(これに関しては「治療」とはさすがにいえません)を実践していただくことからはじめるという考え方で、それからじっくり精密な原因を探るということでも問題ありません。で、その対処法ですが、まずは「禁煙」ということになります。もちろんこれは喫煙者の患者さんだけが対象になるわけですが、実際のところ、大人の喘息を発症する患者さんには喫煙者の方が多くなるというデータもちゃんと出ているのです。禁煙することによって、ストレスを解放してあげる効果も高まります。喫煙によってストレスを発散するなどという発想はやめたほうがいいでしょう。

そして、精神的なストレスもうまく発散してあげることは重要ですから、発作が出ていないときに、少しずつ運動を取り入れるなど、少しでもストレスを発散するような何かを行うという考え方も重要であるといえます。当然、発作のときには安静が必要ですので、

できれば会社を休むなどの対処法も重要

であることは間違いありません。


7万人以上のぜんそく患者を救った改善率80%の喘息改善法