なぜ、病院で喘息が治せないのか?


病院は喘息を治療するのではなく症状をコントロールしてるというのが現状です。つまり、

病院では喘息を治すことが出来ない

という事が言えます。しかし、喘息は症状をコントロールする事も非常に重要です。

喘息は慢性化する病気ですし、発作を繰り返すことで症状が重くなる事が多々あります。また気道の慢性的な炎症は取り返しがつかない事になる可能性もあるので早めに適切な処置で対応しなければなりません。

ただ、病院へ行ったから症状が治まったという事はあっても喘息が完治した。明日から病院へ来なくても良いと診断されることはまずありません。要するに

一時的に症状が無くなっただけの処置

なのです。

その為、呼吸が苦しくなるという恐怖である一回一回の発作に一喜一憂しがちですが、重要なのは自分の喘息がどれだけ重症なのかを知ることが先決です。重症度は発作の頻度や日常生活への影響など様々な項目がありますがその状態に合わせて生活習慣もしっかりと見つめ直す必要があるのです。

発作の症状や頻度を薬の力を利用してコントロールするしか病院ではできません。あなたがそもそも気道に炎症を起こしてしまう原因まで改善させることは今のところ出来ていないのです。処方される薬がなければ発作を起こしてしまう体を改善させるのはあなた自身の免疫力など根本治療は病院ではなくあなた自身であることを覚悟、認識しておくべきです。

喘息では何科で受診すればよいか


喘息を発症したのですが、いったい何科で受診すればよいのでしょうか・・・といった質問が意外と多く寄せられます。「意外と」というのは、やはり喘息の発作は急に訪れますし、何科で受診しようかといった比較的緩やかに悩んでいるというシチュエーションがなんとなく喘息の症状にそぐわないというイメージを受けたからです。

実際喘息発作を発症したことがある患者さんにはよくおわかりのことと思いますが、症状が重篤化すると、即刻命にかかわるような恐ろしい症状を発症するのが喘息ですので、まずこれをお読みのみなさんにお知らせしておきたいのは、あまりにも苦しい喘息発作に襲われた場合には、何科であるかを悩む必要はありません。身近な病院もしくは、内科を設置しているところであれば病院でなくてもクリニックや診療所などでもかまいませんので、

とにかくすぐに駆けつける

か、もしくは近くに病院、クリニック、診療所がないという場合では、すぐに救急車を呼ぶという対処が必要になります。

で、何科で受診しようかと考える余裕があるのであれば、まずは病院の規模から考える必要があります。というのも、喘息の発作で近くの病院やクリニックなどに足を運ぶと、その症状によっては「○○という病院を紹介しますので・・・」という形で、紹介状を書いてもらうケースが多くなるからです。ですから、喘息の発作というのは、一般的には緊急を要する症状ですので、ほんとうにかかりつけのクリニックや診療所などに行って、そこで紹介状を書いてもらうという形で何も問題ないと思います。

ただ、そういった二度手間をかけたくないということであれば、やはりある程度大きな病院に行って、その「呼吸器科」などの呼吸器系の診療科で受診することが望ましいといえるでしょう。もしそういった規模の病院がないということであれば、内科が設置されている小規模の病院、もしくはクリニックや診療所に行けば、基本的には問題なく診察、治療してもらうことができるはずです。

そういったところをあまりにも深刻に考えすぎてしまって、喘息の治療が遅れてしまうのであれば、どこにでもある「内科」に行けば、どこでも診察、治療を施してもらえるはずです。少なくとも、診察だけはしてもらえるはずですので、とにかくできるだけ早くそういった医療機関に足を運ぶことが望ましいといえます。場合によってはとにかく緊急を要することがあるのが喘息ですので、できるだけ早い対処が必要になります。

大人の喘息も病院で治療を


子供の喘息に関しては、医学の世界でもかなり昔から研究されてきていました。そして、その効果も一定以上のものが認められるようになってきました。しかし、そうした進歩と同時に、今度は「大人の喘息」が高い注目を集めるようになってきています。一説によれば、大人の喘息は子供の喘息とちがって、完治が難しいとされる事実もあります。このあたりは、子供の喘息よりもむしろ大人の喘息のほうが厄介であるといえるかもしれません。

さて、その「大人の喘息」ですが、これに関しても、やはり子供の喘息と同じく病院での治療が最善の策であるといえます。完治は難しいとはいっても、健常者とそれほど変わらない生活が送れるというレベルまで改善することは十分可能になってきていますので、やはりここはお医者さんに診てもらうのがベストであるといえるでしょう。では、大人の喘息を病院で治療する場合には、その診療科は果たしてどこが望ましいといえるのでしょうか?そのあたりのことについて、ここではお話していきたいと思います。

子供の喘息に関しては、やはり「小児科」で診てもらうのが一番であると考えられるケースが多いですが、しかし大人の喘息の場合、普通の風邪のように「内科」で診てもらえばよいかというと、必ずしもそうでない場合があります。もちろんはじめは「内科」で診察してもらって、そこからその先のことを判断するという形でも問題ないとは思いますが、やはり大人の喘息の場合、「呼吸器系内科」や「アレルギー科」で最終的に治療を受けるという患者さんが多くなります

ただし、大人の喘息の場合、アレルギーによる症状の発症というケースはそれほど多くはありませんので、アレルギー科で治療をするというケースでは、あくまでもアレルギーによって喘息が発症したという患者さんに限定されることになります。

大人の場合、子供よりも免疫力、抵抗力がありますので、内科にしろ呼吸器系内科にしろ、あるいはアレルギー科にしろ、順調に治療を積んでいけば、それだけ早い改善も十分可能になります。ただし、大人であれば、やはり子供以上に

時間的な都合がつきづらい

という現実がありますので、その部分をいかにしてクリアするかというところが最大のポイントになります。実際、時間がとれないためになかなか大人の喘息が改善しないという事例はたくさん報告されています。ですから、大人の喘息の場合、治療する場所やその方法論ではなく、むしろ「ちゃんと病院に通うことができるのか」という部分が重要であるといえます。

子供喘息や大人の喘息などでは何科で受診?


喘息の症状(主に発作)に悩む患者さんは全国的に数多く存在していますが、同じ喘息とは言っても、その症状は非常に多様であり、しかも、その原因ともなるとさらに多様であるということになります。そして、喘息に関しては、症状や原因に即した治療が必要であるということは間違いありません。ですから、単に「喘息」というだけで、同じ病院の同じ診療科で受診すればそれでよいというものではないというのが実際のところです。

たとえば、喘息といえば昔から「子供喘息」が真っ先に思い浮かぶくらい、子供に多くみられる病気であるという印象が間違いなくあります。しかし、近年では子供に限ったことではなく、大人にも喘息に悩む人が増えてきているというのが揺るぎのない事実です。そしてまた、子供喘息と大人の喘息では、その原因や症状が大きく異なるというのが実際のところです。そうなると、たとえば親子で喘息を発症したというケースであっても、同じ病院の同じ診療科で受診できるというものでもないというケースが生じて不思議はありません。そうなってくると、ひとえに「喘息」といっても、何科で受診すればよいのかということについては、まずしっかりと考えなければならないことにもなるのです。

とはいっても、現代医学は非常に進化しているということも事実であり、また、喘息に関しても特に進化が著しいといえるのもいつわりのないところですから、まずは重度の発作を応急処置的に鎮めたいという場合であれば、ごく手近な病院に行けば、少なくとも急場をしのぐことはできるはずです。ただ、さらに治療の精度を高める、あるいは手間を省きたいという考えにのっとって診療科を選択するのであれば、やはり大人の喘息であれば

「呼吸器科」や「呼吸器系内科」

といった診療科を受診するのが望ましいといえるでしょう。そして子供喘息の場合には、基本的には「小児科」で問題ありません

子供喘息の多くが「アレルギー性気管支炎」であり、小児科ではアレルギー疾患の多くをケアしていますので、小さいお子さんの喘息であっても、小児科に行けば何とかなるというのが実際のところです。これに対して、大人の喘息というのはそれほどアレルギー性気管支炎は多くありません。どちらかといえば、風邪をこじらせてしまったけっか、悪化して喘息になってしまったというケースや、喫煙による喘息などが多くみられますので、呼吸器系の診療科が最もふさわしいといえるでしょう。もちろん検査に関しても、上記の考え方で問題ありません。

薬の副作用は意外に少ない?


副作用で有名なステロイドですが、喘息の治療薬としても活躍しています。ただ、一応喘息の治療で継続的に使用される量は少量なので、発作が起こった時に利用されるものとは当然異なりステロイドが体に与える副作用はほとんどないと言われています。しかしあくまでも「ほとんど無い」ですので

無い訳ではありません

一番重要なのは発作を起こさない事なので薬を我慢して発作を起こしてはいけません目標は薬に頼らなくても喘息の発作が起こらないようにする事です。その為に出来る事をしなければ喘息を治すことが期待できません。ただし、発作治療薬を使わないようにするのを最優先させるために長期管理薬を使用しなければならない状況なら使うべきです。

アレルゲンが原因なら出来るだけアレルゲンを除去したりストレスが原因ならそれを解消し、食品が影響を与えているなら改善したりと薬以外にもやれることは沢山あるのです。まずそのあたりの知識を持って根本的に喘息を改善させることも視野に入れなければなりません。


7万人以上のぜんそく患者を救った改善率80%の喘息改善法