喘息の治療費は高い?


喘息患者さんにとって、喘息を持っていることの最大の悩みは、やはり「発作のときがあまりにも苦しい」ということになると思いますが、発作の苦しみ以外の悩みもけっこうたくさんあるのが喘息という病気の特徴になります。たとえば、

治療費が高い

というのもその一つになるでしょう。もちろん、治療費に関していえば、そのとらえ方は人によって異なるというのが実際のところですが、しかし、やはり喘息の場合、かなりの長期にわたって治療しなければならないことになるわけですから、費用をトータルして考えると、やはりどうしても「治療費が高い」というふうにとらえられてしまうのも当然と言えば当然です。

確かに、ふつうの風邪とは違って、吸入治療や注射治療、または点滴治療を受けなければならないケースが多いのが喘息の治療の特徴です。おそらく発作のときには必ずそういった治療が必要になってくることになるでしょう。とすると、やはり1回の治療費も、ふつうの風邪とくらべるとどうしても高くつくというのも事実です。何しろ、喘息の場合は風邪のように放置しておけば治るというものではないため、それなりの処置が必要になるからこそ、どうしても費用のことが気になってしまう病気であるといえるでしょう。

また、通常の風邪やその他の病気とちがって、発作を予防する目的で用いられる吸引薬が必要になる患者さんは少なくありません。もちろん保険適用内の吸引薬が多いですが、しかし、通常の内服薬にくらべると、だいぶ割高であるというのはほぼ間違いないでしょう。やはり、中に入っている薬の価格もそうですが、吸引薬の場合、容器が特殊な方法でつくられていますので、その分の値段も多少加味しなければならない分、治療費が割高になる印象は確かにあります

その上、喘息患者さんにとっては、吸引薬はどこに行くにも肌身はなさず携えていなければならないという意識があるものですから、その使用頻度はかなり多くなるというのが実際のところです。ですから、そういった部分まで考えると、やはり費用が高いといえなくもないということになります。

通常の薬よりも使用頻度が高いからどうしても治療費がかさんでしまうようなイメージになりますが、ただし、相対的に考えると、そこまで高額な治療費が必要になるというものではないということも間違いないでしょう。ですから、安いとは言えないものの、そんなに心配するほど高額になるわけではないというのが正しい考え方になるのではないでしょうか。

喘息検査の費用について


いつになく咳や痰がでているという状況を踏まえ、「もしかしたら自分が喘息を発症している可能性があるのではないか・・・」と疑心暗鬼になってしまう患者さんは少なくありません。そういうときには、

迷うことなく喘息検査

を受けることを強くおすすめします。というのも、喘息という病気は、かかっていなければそれで問題ないのですが、かかってしまっているとすると、できるだけ早い治療が行われることが望まれるからです。そして、もし喘息でなくても、咳や痰が激しいということは、そこに何らかの原因があるわけであり、当然そういった原因も検査によって知ることができる場合が多いので、そういう意味で検査をすることを強くおすすめしたいのです。

ただ、それは頭でわかっていても、どうしても検査はしたくないという人も実は少なくないのです。その理由として、やはり「検査が怖い」ということと、「検査結果が怖い」などとった「恐怖心」による理由は少なくありません。さらには、「検査をするのが面倒である」という理由も当然考えられます。そして、如何ともしがたいのが、「検査費用が高くついてしまうのは困る」とか、「検査をするお金がない」といった極めて現実的な理由によって、検査することをためらってしまう人もいるのです。

そこで今回は、喘息検査の費用を知っていただくことで、少しでも検査に対する安心感を得ていただきたいという目的で、その費用に関する情報をできる限りご提供したいと思います。とはいえ、喘息の検査費用については一概に断言できない部分があるということもあらかじめ申し上げておかなければならないというのが実際のところです。というのも、喘息の検査はその種類が非常に多く、どの検査を行うかによって、その費用がまったく異なってくるからです。

あまりにも詳細な検査まで含めてしまうと、やはりどうしても費用がかさんでしまいますので、最低限の検査という意味で、レントゲン撮影と血液検査、そして簡単な呼吸機能検査を行うと、

大体6000円前後

ということになるというのが喘息検査の相場です。ですから、正直言って、一般的な検査にくらべると、費用はやはりどうしても割高になるという印象はあります。呼吸機能検査などはかなり特殊な検査の部類に入りますし、また、血液検査にはたいてアレルギーテストも含まれますので、そういった点で、通常の検査よりも費用が少しかかってしまうということになります。

喘息の検査の料金が高い理由


喘息の疑いがある(あるいはその自覚症状がある)患者さんには、まずは喘息の検査を受けていただきたいという思いは強いです。ほかの病気もそうですが、とにかく喘息もできるだけ早く治療に着手することが大切だからです。ただ、よく言われることが、「喘息の検査の料金が高い」という部分が大きな問題であるように感じられてしまう人もいるかもしれません。そこで今回は、喘息の検査の料金体系に関して簡単に説明していきたいと思います。

喘息の検査の料金が高いといわれるのは、実は憶測や都市伝説などではなく、本当のことであるといわなければならないかもしれません。というのも、喘息の検査というのは、その種類が非常に多い上、そのうちの多くが、喘息特有の検査であるという特徴があるからです。ほかの検査と同じような内容であれば、検査料金もそれほど高額にはならないのですが、しかし喘息のように特有な病気の検査ともなると、検査自体が特殊であるという理由から、多少料金が高くなるのは仕方がないといわなければならないようです。

たとえば、喘息の検査の中でももっともポピュラーである「血液検査」ひとつとってみても、喘息にまつわる血液検査ともなると、やはり通常の血液検査とは違って、「アレルギーの有無」に関する検査が含まれる分、検査料金が高くなってしまいます。ただ、喘息の原因となるのが「アレルギー」である可能性が非常に高いため、やはりこれは

割愛すべきではない検査

であるといえるでしょう。実際、血液検査によってアレルゲンの特定までできる可能性が高いので、血液検査はおすすめというか、喘息の疑いがあるのであれば、必ず行うようにしてください。

レントゲン撮影に関しては、特に喘息の検査で行われるレントゲンだけが高い料金になるというわけではないので問題ありませんが、ほかにも「ほぼ喘息の検査でしか行われない検査」がいくつもありますので、そういった検査はやはりどうしても料金がかさんでくるケースが多いです。その代表的なものとして挙げられるのが、「呼吸機能検査」です。呼吸機能検査には、「肺活量検査」と「呼気の検査」、そして「吸気の検査」がかなり精密に行われることになります。ほかの病気では、なかなかこれらのテストが行われることがないため、比較的料金が高めになってしまうといえるでしょう。とは言っても、個々の検査がベラボウに高いというわけではなく、複数の検査を行わなければならないために、検査料金が高くなってしまうというケースがほとんどです。

喘息治療用の吸入器の値段


喘息の治療でもっとも効果が高いと考えられているのが、「吸引ステロイド剤」の使用です。発作が起こったときの鎮静作用も大きく、また、予防の効果も絶大なものがあるとされるのが、吸引ステロイド剤です。ただ、吸引ステロイド剤は、重度喘息患者さんからするとかなり使用頻度が高くなるため、保険適用があるとはいっても、その出費がかなりかさんでくることになるのも事実です。そんなときに、経済的にいくぶん緩和されるのが、「吸入器」の導入です。吸入器があれば、吸引ステロイド剤にくらべると、

金銭的には少し楽になる

といえます。

ただ、吸入器自体はそれなりにお金がかかってしまうのは当然のことですから、まずはその分をしっかりと視野に入れておく必要があります。一度購入してしまえば、そのあとは、基本的には吸引ステロイド剤は使用しなくてもすむようになりますので、これはかなり助かることになると思われます。ですから、まずは吸入器を購入するための初期投資がどうかという点に注意すればよいことになります。そこで、今回は

吸入器の値段についてチェックしていきたいと思います

今の時代、吸入器は通販でも購入することができるようになってきています。しかも、病院で使用されているような高機能の吸入器でなければ、かなり安価で購入できるようになってきています安いものでは、3000円を切るレベルの吸入器まで出回っているというのは正直驚きです。ただ、正直言って、そういったあまりにも安価な吸入器だと、たとえば温水が出ないとか、中に入れる薬が「うがい薬」しか対応していないなどといった問題が生じる可能性が高まります。ですから、どうしても安い吸入器を購入したいと考えているのであれば、まずはその吸入器の仕様をしっかりと確認してからということにしていただきたいと思います。

最近は吸入器の値段もずいぶん下がってきているため、高価なものであるとはいっても、家庭用の吸入器であれば、それほど驚くような高額な製品はありません。だいたい2万円くらいのものであれば、医療用の本格的な吸入器にだいぶ近い仕様になっているといえます。ですから、先々長くつかうことを考えるのであれば、できればそういったタイプの吸入器を購入することが望ましいといえるのではないでしょうか。そこまでとは言わなくても

大体1万円を下回るくらいの吸入器が平均的な値段

ということになるようです。参考にしてみてください。


7万人以上のぜんそく患者を救った改善率80%の喘息改善法