喘息の原因


喘息(気管支喘息)の原因にはいろいろなことが考えられています。それをひとことで言えば「免疫不全」ということばで片づけられてしまう部分も確かにありますが、しかしそれを言ってしまえば、ほとんどの病気が「免疫不全」ということになってしまいますので、やはりここでは

(気管支)喘息の原因は「人それぞれ違う」

と解釈したいとことです。

ただ、同じ「免疫不全」とは言っても、病気それぞれについてそのタイプがあり、(気管支)喘息の場合、そのタイプがやや特殊であると考えることもできます。たとえばこの(気管支)喘息は、こちらも特殊な病気であるという印象も否めない「アトピー性皮膚炎」と同じタイプの免疫不全が原因となっているケースが圧倒的に多く、そのため、(気管支)喘息を発症している人が、実はアトピー性皮膚炎の罹患者であったというケースは珍しくありません

原因は多様


とは言っても、もちろん(気管支)喘息の原因因子は多様であるため、あらゆる喘息の症状をアトピー性皮膚炎と結び付けて考えてしまうのはかえって危険であるとも言えますので、特に発作がひどいときには、医師の診断を仰ぐことが何よりも重要であると言えます。
 
また、この(気管支)喘息には、幼少期に発症する「アトピー型」と呼ばれるタイプの喘息と、主に40歳以上の成人男女が発症する「非アトピー型」と呼ばれるタイプの喘息とがあります。これらは、「喘息」とは言ってもその治療法が異なってくることがありますので、注意が必要です。

アトピー型と呼ばれるタイプは特定のアレルゲンが引き金になって発作を起こすもので体内からIgE抗体が大量に見つかりますのでさらに詳しく調べることで発作の原因となるアレルゲンが何かを調べる事が出来ます。アレルゲンが気道に侵入するとマクロファージ(細胞)がアレルゲンを取り込みヘルパーT細胞にそれを伝えます。インターロイキン4が放出されそれを攻撃するIgE抗体が作られるのです。そのような流れから喘息発作を引きを起すアレルギー反応が起こるのです。

逆に非アトピー型と呼ばれるタイプはアレルゲンが特定できないものを指し、特定のアレルゲンではなく何らかの刺激によって発作が引き起こされます。それはタバコの煙や香水、かぜや過労など様々な刺激が原因となります。原因が特定しにくいですが、発作が起こった前の事を振り返れば共通点が見られそれを気を付けることで発作を減らすことが可能となります。



症状が起こる原因


なぜこれらの症状が起こるのかというと、(気管支)喘息の直接的な原因である各種アレルゲンや菌・細菌、あるいはウイルス感染などによって、気管支の細胞組織である気管支平滑筋(きかんしへいかつきん)や気道粘膜がむくむなどといった現象が起こって、その結果、気道分泌亢進(痰などの気道分泌物が過剰に分泌する)が起こり、いわゆる(気管支)喘息という症状の発症に至ります。

ここに、「喘鳴」とは、喘息患者特有の「ゼーゼー、ヒューヒュー」という呼吸音を指し、「喀血」とは、気管支内もしくはその他呼吸器系統の毛細血管がやぶれ、そこから出血することを指します。

 (気管支)喘息の場合、いわゆる「発作」が起こって激しい症状を呈することが多いですが、これは、何らかの理由で吸引した

アレルゲンに対し、抗体が激しくアレルギー反応を起こす

ことがその理由となります。

タバコが喘息の原因になる


タバコは喘息の原因ではないという情報もあるようですが、この情報は間違いです。タバコは喘息の原因になりますので、喫煙者の方が「最近咳が出てきているな・・・」と感じたのであれば、その人は喘息のチェックや、あるいは肺がん、肺気腫などの重病のチェックもしてみる必要があるといえます。今回は、「喘息」をターゲットにしてお話していきたいと思います。喘息症状が発症するときというのは、「肺気腫」の症状と似ているため、肺気腫になってしまうその前段階がタバコによる喘息であるといえます。

また、喘息をもっているにもかかわらず、タバコを吸っている人もときおり見かけますが、そのような行為ははっきり言って、何のメリットも見出すことができない行為であるといわなければなりません。タバコの喫煙は、喘息を悪化させてしまう可能性が非常に高いのです。そもそも喘息という病気は、アレルギーやストレスが原因となることが多いですが、タバコを吸うことによって、

肺組織の組成細胞に非常に大きなストレスを与えている

ことになります。そうなると、精神的なストレス以上にダイレクトなストレスが蓄積することになりますので、喘息を治したいと思うのであれば、とにかくタバコは何としてもやめなければならないという認識は特に重要です。

では、なぜタバコを吸うと細胞に対してストレスを与えるかという説明をしていきたいと思います。そのためにも、まずは、タバコが有害であるというところからしっかりと認識していただきたいものです。タバコに含まれる有害物質は、「ニコチン」、「一酸化炭素」、「二酸化炭素」、「一酸化窒素」、「タール」をはじめ、実に200種類以上も含まれていると考えられているのです。そんな有害物質の宝庫を口にすれば、

それだけで十分喘息を発症するだけの根拠

になり、また、喘息を悪化させる根拠にも当然なるわけです。

これらの有害物質の中には、気道粘膜の炎症を誘発する物質が含まれていますので、細胞単位のストレス云々以前に、その条件だけでも十分喘息を発症する原因となりえます。なにしり喘息は、気道の狭窄(きょうさく)と炎症が起こる症状と定義される病気ですから、これは当然のことといえます。また、自身が喘息でなくても、周囲にいる喘息患者さんに悪影響を与えてしまうこともあるので、その点にも十分気を付けていただきたいと思います。何しろ、喫煙者本人よりも受動喫煙のほうが有毒物質の濃度が高いことで知られていますので、喫煙者の方はどうか最低限のエチケットは守るようにしていただきたいものです。

原因不明の喘息


どんな病気でも言える事ですが、病気で苦しいのにも関わらず原因不明だと、ただでさえ苦しいのに更に不安になるでしょう。大人になり喘息になる人が多い今、原因不明の喘息患者は少なくありません。喘息は誰もが名前を知っているとても有名な病気にも関わらず、原因不明の体質的な疾患であり、根本から治す方法が見つかっていない病気なのです。

原因不明の体質的疾患と言っても、アレルギー型非アレルギー型があり、それを調べる事は出来るようになっています。アレルギー型の場合、喘息の原因としてよく挙げられるのは、家の中のダニやペットなどです。その場合は、検査をしてアレルゲンを特定し、掃除をこまめにすることで、ダニを無くする、ペットを手放すという方法をとればアレルゲンを避けて生活する事が出来ます。非アレルギー型は、風邪からくる喘息やタバコの煙、食品などで喘息が起こる場合も、危険因子を避ける事から見直す事が出来るでしょう。

ただ、やっかいなのが、

何からきているのか不明の喘息の場合

です。喘息で原因不明の場合は、原因を特定する事が出来ないので、気道炎症の原因を回避していくと共に、気道収縮を誘発する刺激を回避する事、それから薬を服用しながら気道過敏性を抑え、呼吸機能を正常化させていきます。原因不明であっても、治療と共に自然に治っていく事もよくある事です。原因不明の喘息は、精神的な病気という可能性もあります。

喘息発作が起き、喘息だと診断されたとしても、呼吸困難が激しい場合などは心身症かもしれません。心身症とは、社会的要素が強く関係する病気で、ストレスにより症状がでるものです。

一言で言うと、心の病気

と言う事になります。ストレス社会が原因で、悩みがあるとその悩みが体に影響し、喘息になってしまう可能性があるのです。喘息は、理由を見付けだす事や原因を特定するのが難しい病気の一つです。

体質もあるので、なろうと思ってもならないという人もいます。なる体質の人でも、個人で全く違い人それぞれで、環境や疲労によってもなり方が全く違い、喘息になる可能性のある人の中でも、なる人もいればならない人もいるほど、本当に人それぞれなのです。原因不明の喘息になってしまった場合も、治療は喘息の治療になり、その中でライフスタイルを見直すという形になります。

原因不明とはいっても不安になる事はなく、正しい治療を行えばコントロールする事が出来るので、しっかり喘息の治療を受ければ良いだけの事。しっかり向き合えば、普通の人と変わらない生活が送れるでしょう。

ハムスターが喘息の原因になるか


喘息の原因はいろいろ考えられますが、やはり「動物」とのかかわりに関してはやはり切っても切り離せないと考えられるのがふつうです。特に「猫」との相性が非常によろしくないという話はよく聞くところですが、そのほかの動物は果たしてどうでしょうか。実は、猫以外にも、やはりぜんそくに悪影響を与える動物はいるのです。その

代表といえるのが「ハムスター」

です。猫もハムスターも、ペットとしては非常にかわいらしい動物ですが、喘息には悪影響を与える場合が多いといえます。

実は、「ハムスター喘息」などと呼ばれるくらい、ハムスターと喘息の関係は密接です。もちろん、喘息の発作が起こる原因は多様ですから、ハムスターがその原因になっているとは限りませんが、ハムスターを飼っているご家庭で、ご家族が喘息症状を発症しているというときには、ハムスターがその原因になっている可能性もあるという考え方は必要になります。

また、「ハムスター喘息」は、喫煙者のほうが発症する可能性がより高まるといわれています。ですから、ハムスターを飼っているご家庭で、喫煙者のご家族が喘息発作を発症したというケースでは、真っ先に「ハムスター喘息」を発症した可能性があると考える必要があります。

ハムスター喘息の恐ろしいところは、

通常の喘息よりも重症化するケースが多い

という点です。喘息というと、どちらかといえば「猫」との相性がもっとも悪いという印象がありますが、症状が重症化するという意味では、猫よりもむしろハムスターのほうがそのリスクは大きいです。ですから、ハムスターを飼っているご家庭では、十分注意する必要があります。

ハムスター喘息の発症原因は、基本的にはすべて「アレルギー」です。そのアレルゲンはほとんどの場合「アナフィラキシー」と呼ばれる激しいアレルギー反応を引き起こします。キツネやタヌキなどに噛まれた人が、「アナフィラキシーショック」と呼ばれる呼吸困難に陥ってしまうことがありますが、実は、ハムスター喘息でもこれと似た症状を発症しているケースがほとんどなのです。

ちなみに、キツネやタヌキの場合、「エキノコックス」と呼ばれる恐ろしい寄生虫に病原体がある激しいショック症状を呈するアナフィラキシーショックであり、この場合は喘息というレベルではなく、死に至るケースも珍しくないとされています。ちょっと話はそれましたが、いずれにしてもハムスターを飼っているご家庭では、こういった症状に注意する必要があります。


7万人以上のぜんそく患者を救った改善率80%の喘息改善法