気管支喘息の合併症


喘息(気管支喘息)に悩む日本人は非常に多いわけですが、この病気の大きな特徴は、「呼吸が苦しい」という、生命維持活動に直接的な影響を及ぼす可能性も考えられるほど「危険な病気」であり、なおかつ「とてもつらい病気」であることでしょう。

 (気管支)喘息だけでも相当つらい病気であるにもかかわらず、この病気の罹患者は

合併症を発症するリスクが非常に高い

と考えられています。というのも、この(気管支)喘息という病気は、そのほとんどがアレルギー性をともなうからです。ですから、(気管支)喘息と同じタイプのアレルギーで発症する「アレルギー性鼻炎」や「花粉症」、さらには「アトピー性皮膚炎」、そして、その秘密を解明すればノーベル賞間違いなしとまで言われるあの「蕁麻疹(じんましん)」も、(気管支)喘息罹患者の合併症としてよく知られているのです。

運動によって


これはアレルギーとは少々違う観点にはなりますが、しかしやはり(気管支)喘息罹患者には潜在的につきまとうのが「運動誘発性喘息」と呼ばれる喘息症状です。これは、名前からもわかるとおり、運動することで喘息症状が誘発されるというタイプの喘息で、その発生までのプロセスには必ず「運動」がかかわっているというのが大きな特徴です。

運動誘発性喘息の場合、運動直後に発症する場合と、運動後6時間以上経過してから発症する場合とがあります。前者の場合問題なく「運動誘発性喘息」と判断されますが、後者の場合、やや大きいタイムラグがあるため、正しく診断されないケースもあります。


7万人以上のぜんそく患者を救った改善率80%の喘息改善法