喘息薬の副作用で震え?


喘息の薬は非常にその数が増えてきていますが、それだけに、

副作用の報告が届く機会も徐々に増加

してきている印象があります。薬の副作用というと、たいていは「眠くなる」とか「頭痛」とかいう症状がもっともポピュラーな症状になるのではないかという気がしますが、喘息の薬では、そういったポピュラーな副作用だけでなく、ちょっと変わった内容の副作用が起こることもあります。

喘息の薬でよくある副作用の症例に「手が震える」とか「足が震える」といった症状があります。さすがに手足が震えるということになると、ちょっと恐ろしい印象もあるかもしれませんが、この手の副作用に関しては、実は喘息の薬だけのことではありませんので、それほど心配するほどの副作用ではありません。強い薬では、確かにそういった症状もありますが、確かに手足が震えるというのはあまり気分のよいものではないですよね。

薬による副作用というと、たいていは「内服薬」につきものというイメージがありますが、喘息の薬の場合、内服薬ももちろんですが、実は、吸引薬を使用しているという人にも、震えに関する副作用が起こることがあるということを理解しておいていただきたいという気がします。また、テープを貼って発作を緩和するといったタイプの薬もありますが、これに関しても、手足の震えが起こる可能性はあります。

いずれにしても、あまりにも大きな震えが起こるような場合は、すぐにかかりつけのお医者さんにどのような副作用が出ているのかということをしっかりと説明して、お医者さんの判断をゆだねるという方法が一番無難であるといえるでしょう。もちろん、「気になる程度の震え」というくらいの症状であっても、一応相談してみることをおすすめします。何らかのアドバイスを与えてもらうことができるのではないでしょうか。

喘息の治療薬には、「ホクナリン」と呼ばれる筋弛緩成分が含まれている場合があり、その「筋弛緩作用」が、いわゆる「震え」のような症状を誘発することがあると考えられています。喘息の原因となる「気道狭窄(きょうさく)」にはホクナリンが有効に作用しますが、この成分が含まれている薬を使用するときには、多少手足が震えるような副作用があるということを理解しておくと、もしそういった副作用が現われたときに驚かずにすむでしょう。あらかじめ薬に関する理解があれば、ある程度安心して薬を使用できるのではないでしょうか。

喘息の薬で太るって、ほんと?


喘息の薬を継続的に服用している人が、

「太ってしまった」という副作用

これはおそらく多くの人が意外に思われるのではないでしょうか。また、今まさに喘息の薬を継続的に服用しているという人からすれば、まさに大きな不安に苛まれることになってしまうのではないでしょうか。事実として、喘息の薬を継続的に服用することで、「太る」という副作用は確認されています。ただ、関係するすべての薬にそういった副作用が見られるというわけではありません。ごく一部の薬に、そういった副作用が確認されているにすぎませんので、それほどまでに神経質になる必要はないと考えてください。

喘息の薬の中で、「太る」という副作用を呈する可能性がある薬は、「プレドニン(プレドニゾロン)」です。これは、強力なステロイド剤として知られ、激しい痛みをともなう症状、発作などには頻繁につかわれる薬です。ステロイド剤ですから、基本的には継続的に服用することができないタイプの薬ですが、しかし、たとえばリウマチの患者さんなどは、痛みを少しでも和らげるために、通常の症状よりも長期にわたって服用することもあります。

しかし、喘息の発作というのはリウマチなどの発作に比べると、比較的短期的であるため、プレドニン(プレドニゾロン)に関していえば、発作が出ていないときに無理して服用する必要はないといえるかもしれません。もちろん、そのあたりの詳細な服用周期、頻度に関しては、医師の診断によるということが大前提となることは言うまでもありませんが、もしそういった副作用についてどうしても気になってしまうようであれば、お医者さんに相談してみるという考え方も非常に重要なことであるといえます。病気の改善を大前提として、お医者さんのアドバイスを有効に受けたいところです。

喘息治療向け吸引薬の副作用について


吸入ステロイド剤がもっとも喘息治療に適していると考えられて久しいわけですが、しかし吸入薬に関する副作用もかなり多く報告されているというのも実際のところです。もちろん、薬の成分自体が副作用の最大の原因となるということに関しては、ほとんどの薬に対していえることであることは間違いありませんが、しかし吸入薬の場合は、成分そのものとはまた別の副作用も感がられますので、吸入ステロイド剤を利用する患者さんは十分注意していただきたいと思います。そしてまた、そういった事例についてここでご説明していきたいと思います。

吸引ステロイドの副作用にはいろいろ考えられますが、もっとも可能性が大きい副作用が、

口内のトラブル

です。これはおそらく、吸入ステロイド剤を利用した経験がない方からすると、きっと「え!?」と驚かれるかもしれませんが、おそらく多くの人が一度は耳にしたことがある「ステロイド」という物質は、

いわゆる「カビ」の一種

であり、これを吸入した際には、当然口内にカビの成分が付着することになります。ですから、これをしっかりと洗浄しないと、カビによる副作用が口内におよんでしまうというケースが非常に多く報告されているのです。ですから、吸入ステロイド剤を使用している患者さんは、病院でもおそらくその説明の詳細があったかとは思いますが、使用後の洗浄に関してはしっかりと行ってください

ここで疑問に思うのが、口内にはカビによる副作用が現われる可能性があるのに、肝心の気管や気管支にはそういった副作用が起こることはないのか?という部分です。結論から言えば、気管や気管支にはステロイドが副作用をもたらすことはまず考えられません。その理由というのが、実はステロイド吸入薬の「粒の大きさ」にあります。つまり、ステロイドの粒子は非常に小さいため、吸入したステロイドはすぐに血管内に吸収されるのです。ステロイド粒子は、血管内に吸収されることで、問題なく血中を運ばれることになります。結果的に、カビが血管内に培養されてしまうようなことはまず起こりません。

ですから、まずは口内の洗浄をしっかりすることが、吸入ステロイド剤を使用する際の最重要項目ということになります。とは言っても、軽く口内を洗浄したり、簡単なうがいをほどこしたりするだけでステロイドはすべて洗い流されますので、その程度の処置で問題ありません。そういった、ちょっとした洗浄を忘れなければ、基本的に使用に関する問題ありません。


7万人以上のぜんそく患者を救った改善率80%の喘息改善法