気管支喘息のアレルゲン


喘息(気管支喘息)の多くが「アレルギー」によって引き起こされるものであることは知られるところですが、そのアレルゲン(アレルギー原因物質)については、人によって、または症状によって異なることが多いため、その概要、概説を著すことが多少難しい部分もあるのですが、ここでは敢えて、

どんなアレルゲンが存在しているのか?

ということについて触れてみたいと思います。

気管支喘息のアレルゲンとして知られているのが、「室内塵ダニ」、「動物(ペット)」、「カビ」などに代表される「室内アレルゲン」と、これに対し、「花粉」に代表される「屋外アレルゲン」に大別されることになります。

これらのアレルゲンに対し、「タバコの煙」、「線香の煙」、そして、これはまれではありますが、「花火の煙」鼻腔から侵入して気道粘膜を刺激するようなケースも珍しくありません。ただ、これらのファクターは、気管支喘息の明確なアレルゲンとなっているわけではなく、気管支喘息の発症リスクを高める可能性が考えられるファクターであることには注意が必要です。

ですから、予防という観点においても、これらのアレルゲンをいかに排除するかということに注意を促す必要があり、逆にそれでも喘息症状が軽減されない場合には、何か別のアレルゲンが考えられますので、

一度「アレルギーテスト」を受けることをおすすめします

ちなみにこの「アレルギーテスト」とは、アレルゲンを特定するためのテストです。

自分の喘息の原因物質は何?


喘息には、アレルギー性喘息、気管支喘息、小児喘息など色々あります。その中で共通するアレルゲンが存在します。それはダニです。私達に身近に存在し、どこの家庭にも棲息すると言われているダニですが、その正体は、コナヒョウダニやヤケヒョウダニのフンや死骸なのです。

小児喘息の約80%がチリダニアレルギー

だと言われています。ダニのフンや死骸と普通に生活しているというのは気持ちの悪いものですが、どんなにまめに掃除をしてもダニの駆除を徹底するのは不可能です。ただ、だからといって何もしないのではなく、少しでもアレルゲンの少ない生活を送るように心掛ける事は出来ます

まずは

高温多湿の環境にしない事

ダニは20〜30度、そして湿度70〜80%の場所が大好きなので、ダニが住みやすい環境を作ってはいけません。湿度の高い家は、結露が多い家が多いでしょう。この結露対策も肝心になってきます。頻繁に結露を拭きとるなどして、湿度を抑えるようにして下さい。

ホコリやゴミも溜めずに掃除はまめに行いましょう。ダニの他にも、アレルゲンはあります。チリやホコリ・カビといったハウスダスト、花粉(ブタ・スギ・ヒノキ・ヨモギなど)、犬や猫といったペットからくるもの(体液や毛など)、ゴキブリのような昆虫が挙げられます。

このようなアレルゲンは、体内に入ると喘息の発作を引き起こしてしまいます。喘息の原因物質はアレルゲンだけではありません。室内化学物質やタバコの煙、香水の香り、乾燥した空気なども喘息を引き起こす要因になる場合もあります。

その場合は、生活習慣を見直す事が、まず初めにしなくてはならない事です。タバコを吸っている人は、禁煙をするところから始めなくてはいけません。アルコールも止める、適度に量を減らすなどの対策を取っていくようにしましょう。バランスの摂れた食生活や規則正しい生活は、喘息の原因であるストレスや過労などを良くするために必要になってきます。

心身共に強くなれば、

喘息の原因物質と戦える体を作る事が出来る

でしょう。自分の喘息は何からくる喘息なのかを特定出来れば、対処もしやすくなるでしょう。原因がアレルゲンである場合は常にのアレルゲンのエキスを注射で体内に入れる事によって、抗体反応を起こしながら治療をしていく事が可能です。アレルゲンが食べ物や薬の場合は、それを避ける事で発作を起こさずに済むようになるでしょう。自分の喘息の原因が分からずに苦しんでいる人は、何が原因かを調べてみてはいかがでしょうか

最も多いアレルゲンのダニ


喘息のアレルゲンの多くはハウスダスト

と言われています。そのハウスダストの元と言えばダニでチリダニ科のヤケヒョウダニコナヒョウダニです。大きさは0.1mm〜0.25mm程度で

肉眼ではほとんど確認できません

そのダニが一年中家のカーペットや布団といった場所に生息し、人間のフケや垢、カビや食べかすなどを食して生息しています。

最悪な事にこのダニは人間と同じような湿度や温度を好みますので人が住みやすい場所なら生息すると考える事が出来ます。6月ごろから大量に発生しだして9月ごろには死骸や糞が大量に含まれるようになります。一年中生息しているのですが秋に症状が強く出ると訴える人が多いのはこういった背景があるからです。

100%ダニを排除することは出来ませんが清潔にすることで

減らすことは出来ます

布団、ソファー、カーテンなどを専用のパワーノズルを装着した掃除機などで細目に吸引するだけでかなりの量のダニを排除することが出来ます。特に布団は寝ている間に出す汗によりダニが繁殖する最高の環境を作っておりしっかり乾燥させるためには頻繁に干さなければなりません。布団を干す際に湿度の上がり始める15時ごろには取り込み、すぐに掃除機で吸引する方法が最善の方法です。

早めの対処が必要なカビ


湿度、温度が高くなればカビが発生しやすくなります。特に風呂場や洗面台などの水回りにはカビが繁殖しやすい為、意識的に窓を良く開けてたり換気扇を回すなどして通気性をよくしておく必要があります

カビの胞子は空気中に飛散するので放っておけば風呂場や洗面台のみならずいろんな部屋にも飛んでいく事になります。また、意外に盲点なのが観葉植物を部屋の中に置いている人はそこにもカビが発生するので喘息持ちの人は置かないようにしましょう。

もちろん、布団も寝ている間に汗を200mm掻くと言われておりしっかり干しておかなければダニの問題だけでなくカビを発生させるので毎日、天日干し、布団乾燥機などを利用して

湿気を残さないようにしておきましょう


7万人以上のぜんそく患者を救った改善率80%の喘息改善法